冷暖房費が跳ね上がってしまった吹き抜け

建売住宅とは違って、間取りを自分達の好きなように設計できるのが魅力なのが注文住宅です。計画を立てる際、希望に溢れて理想に適った家を作ろうと家族であれこれとアイディアを出し合っている時はとても楽しい時間でした。そんな中でどうしても外せなかったのが、一階に広く取ったリビングに開放的な吹き抜けを作ることです。まず見た目的にも開放的になりますし、見通しがよくなることでどこにいても人の気配を感じることができるというのが魅力的に思いました。設計士のかたも強くおすすめしてくださったこともあって、

 

絶対に外すことができないと家族一致で取り入れた造りです。

 


参考:引っ越し見積もり

 

実際、住み始めてからも最初のうちは吹き抜けを造って正解だと思っていました。敷地面積自体はそれほど広くはありませんが、縦に広々とした空間を作ることで体感的にかなりゆとりのある空間を作れていたと感じたのは正解です。ですが、そう感じたのは気候が穏やかな季節だけで、とにかく冷暖房の効きの悪さの困ってしまうようになったのが想定外でした。当然ではありますが、一つの空間が大きいと空調が行き届きません。夏場はなかなか涼しくならずに複数台をの冷房の設定温度を低くしてガンガン効かせ、それでも二階の廊下は暑いまま、冬場は暖められた空気が上へ上へと逃げていってしまいますので、寛ぎ空間のはずのリビングが寒くて大変でした。一応床や壁、窓は断熱仕様となっていましたが、それでも以前と比べて跳ね上がってしまった冷暖房費には驚いてしまったものです。見た目はよくてもこれだけ室内の温度に関わってくるものだとは考えてもみませんでした。

 

こんな家に住みたいという理想は注文住宅で充分満足するほど叶えられたと思っていますが、実際に住んでみるまでわからないこんな不便な点があったのは想定外です。光熱費の頭を悩ませている現在、吹き抜けを取り入れるならもう少し空調のことを考えるべきだったと反省しています。計画をしているかたは、くれぐれも設計士のかたと空調について話し合っておくべきだと思います。

注文住宅なのだから子供部屋の大きさはそろえるべきだった…

注文住宅でマイホームを建てて、概ね成功したと思っています。自分の家族の好みや人数に合わせて家づくりをしています。わが家は旦那が主軸となって家づくりを進めていますが、私もずいぶんと意見をいわせてもらったので、家事の動線が考えられた快適な住宅だと思っています。

 

 

 

費用面では、注文住宅相場と比べて割安にできました。
ですからとくに不満はないものの、娘たちは違うと思います。なぜなら、部屋の割り当てでケンカをしているからです。私たち夫婦もマイホームについてほとんど不満はないものの、一点あるとすれば子供部屋ですからね。

 

 

 

うちは女の子二人の同性の子供ですから尚更こう思いますよ。「子供部屋両方ともまるっきり同じつくりにしておけば良かったー!」と。だって、同じものではないとケンカするんですもん。

 

 

 

「どっちの部屋のクローゼットが大きいくてずるい」とか、「こっちの部屋は西日がきついからイヤだ」とか、「私の方が年上だから大きい部屋でしょ」とか、「私の方が勉強ができるんだから、広い部屋の方をもらえるはずでしょ」とか、もう「うるさーい!」っていう具合に小競り合いをしていますから。

 

 

 

まだ私と一緒に寝ていますし、自分の部屋なんてまるで使っていないのですが、これから割り当てを考えるとなるとどうしようか悩みますね。ジャンケンで決めても、わだかまりは残りそうで。かといって、長子を優先するのはなんか違うと思いますし。

 

 

 

日当たりは仕方がないとはいえ、せめて部屋の大きさやクローゼットの大きさなどはまるっきり一緒にしておけば良かったと後悔しています。うちのばあちゃんが「年が大きい方が大きい部屋だ」とか言うので、4歳下の次女は「大きい部屋をお姉ちゃんにしてもいいけど、(大学進学などで)家を出て言ったらすぐに私の部屋にしてよ!」と言うようになっていて、かわいそうだなと思いますし。

 

 

 

この点だけはもう私たち夫婦の設計ミスだとは思っています。まだどう対処すべきか迷っていますから尚更後悔の気持ちはありますね。他はもう、注文住宅にして大満足なのですが。